私が食べられないミルフィーユの話をすることになったわけ 〜本格金属加工にチャレンジ〜

精密工学会北陸信越支部 特別講演会/ワークショップ

共催

日本機械学会生産加工・工作機械部門(予定),日本機械学会北陸信越支部,日本機械学会北陸信越支部シニア会,日本材料学会北陸信越支部,日本金属学会・鉄鋼協会北陸信越支部,日本鋳造工学会北陸支部,日本繊維機械学会北陸支部,金沢大学ダイバーシティ推進機構,金沢大学設計製造技術研究所,蔵前工業会石川県支部

会場

金沢大学角間キャンパス自然科学3号館
(石川県金沢市角間町)ならびにオンライン中継
※新型コロナウイルスの感染状況によってはオンライン開催に変更の場合もあります.

開催日時

2022年8月20日(土) 13:00〜17:00

講師

徳永透子(トウコ先生)(名古屋工業大学

兵庫県丹波篠山市出身.北海道大学とポーランドのAGH科学技術大学で博士(工学)の学位を取得後,北海道大学で助教として勤めたのち,青森県量子科学センターにおいて量子ビームを活用した研究にかかわる.2021年から名古屋工業大学の助教として研究・教育活動を再開.研究では主に金属材料の組織と機械的特性(強さ・伸びやすさなど)の関係に興味を持って取り組んでいる.物事への興味は幅広く,留学時代に仲良くなったポーランドの友人や北大時代に知り合った他学部(獣医・歯・国際広報メディア・観光)の先生方と最近の研究や近況について話し合うことが楽しみ.

講演

私は元気で好奇心旺盛な学生でしたが,知ることが楽しい!という思いで研究をつづけた結果,金属の研究にどっぷりハマって生活しています.身の回りのどこにでもある金属ですが,ときには強く,ときにはやわらかく活躍する優れもので,意外と奥が深いんです.自分自身の体験を交えながら,金属と研究の世界を紹介します.

ワークショップ「金属をとかしてアクセサリやミニカップを作ってみよう!」


金属はどのように形作られるか,ご存じですか?今回のワークショップでは,古くからある金属加工法の一つである「鋳造」を皆さんに体験してもらいます.とけてやわらかい金属はどんな形にでもなります.オリジナルアクセサリー,ネームプレート,それともぐい呑み?好きな形を作り上げてものづくりを楽しみましょう.補助者が付きますので,初めてでも大丈夫です.

定員

20名(中学生以上どなたでもお申込みいただけますが,小学生の場合保護者の同伴をお願いします))

参加費

無料(ワークショップ参加の場合は材料費1000円)

申込方法

「北陸信越支部特別講演会参加申込」と題記し,(1)氏名,(2)所属(学年),(3)E-mailアドレス,(4)対面・オ ンラインのどちらを希望,をご記入の上,下記申込先までE-mailでお申込み下さい.先着順で締め切りますのでお早めに!

申込先・問合せ先

金沢大学 設計製造技術研究所 浅川直紀
E-mail:nasakawa@se.kanazawa-u.ac.jp / TEL: 076-234-4734
*最新情報は支部ページ http://hoku-shin.jspe.or.jp/ をご覧下さい.
詳細チラシ(735kB)


精密工学会北陸信越支部 http://hoku-shin.jspe.or.jp/

nasakawa@se.kanazawa-u.ac.jp