201641

 

(公社)精密工学会北陸信越支部 会員各位

 

2016年度 精密工学会北陸信越支部長 山田泰弘

 

 精密工学会北陸信越支部の平成28年度支部長を拝命しました福井大学の山田泰弘です.支部会員の皆様には,日頃より北陸信越支部の活動にご理解,ご支援を賜り,深く感謝申し上げます.

 (公社)精密工学会の歴史は,昭和8年の精機協会の設立に始まり,昭和61年の精密工学会への改称を経て現在に至っています.北陸信越支部は,昭和34年の北陸支部の設立に始まり,昭和44年の北陸信越支部への改称を経て現在に至っており,57年の歴史の中で各県の会員相互の連携を深めて人材育成や産学官連携を推進してきました.北海道,東北,北陸信越,東海,関西,中国四国,九州の7支部で構成している精密工学会において,北陸信越支部は,関西支部,東海支部に次ぐ規模の支部会員数で支部活動を行っています.

 1020年後には多くの職業が人工知能やロボットなどの機械に代替される可能性が高いと推計されています.人口減少と高齢化の進展に伴い,精密工学会の関連分野(設計・生産システム,精密加工,メカトロニクス,精密計測,人・環境)においても,より一層の研究の推進と産学連携を深めて,社会の発展に寄与することが求められています.会員の皆さまの益々のご支援とご協力をお願い申し上げます.

北陸信越支部を構成する新潟・長野・富山・石川・福井の5県では,年2回の特別公演会・見学会を開催しています.本年も精密工学関連分野の幅広いテーマで企画します.20161112日(土曜)には,新潟大学五十嵐キャンパス(新潟市西区)において北陸信越支部の支部総会と学術講演会を開催致します.ランチョンセミナー,支部表彰(技術賞,奨励賞),若手の優秀発表者にはベストプレゼンテーション賞を予定しています.精密工学会誌の会告や北陸信越支部HPに特別講演会・見学や学術講演会などの情報を随時掲載しますので,是非ご覧いただき多数のご参加をお願い申し上げます.